三井住友海上の団体長期障害所得補償保険GLTD 人事労務担当者様へ

お問い合わせはこちら

あなたの会社は大丈夫ですか?

人事労務担当者様へ
長期就業障害の実態
メンタルヘルスについて
企業の社会的責任(CSR)の要請

GLTDがサポートします!

GLTDの特徴
GLTD導入のメリット
契約方式と保険料について
職場復帰サポートサービス(GLTD付帯無償サービス)
生活サポートサービス(GLTD付帯無償サービス)

こころとカラダの健康サポートプラン

GLTDへ加入ご検討の方は、併せてのご加入をお勧めしております。
こころとカラダの健康サポートプランとは
こころとカラダの健康サポートプランの詳細
サービスメニューの導入方法
導入のケーススタディ
お問い合わせはこちら

人事労務担当者様へ

所得の伸びの鈍化

今や、かつてのような所得の伸びが期待できず、従業員の皆様の節約志向は強まるばかりです。
そのような中で、毎月の生活費や、住宅ローンは変わらず、加えて医療費の自己負担増加・定率減税の廃止などといった社会制度改定もふまえると、逆に、所得喪失によるリスクは増大傾向にあるといえます。

長期就業障害の実態

長期就業障害の実態については、一般にはあまり知られていませんが、日本では、入院患者(月間約125万人)の4.2%が3ヶ月超の長期入院を強いられています。(平成26年9月厚生労働省「患者調査」による)また、近年においては、うつ病などの精神疾患により、従業員が長期的な就業障害を起こし、企業の優秀な人材が失われてしまうといった事態も頻繁に起こっています。

>>長期就業障害の実態について

メンタルヘルスについて

長年の経済不況のあおりを受けた、雇用不安、雇用形態の複雑化、年功序列制・終身雇用制から成果主義への移行、労働者間の競争の激化…。
労働者を取り囲む環境には、大きな変化の波が押し寄せており、労働者は多くのストレス要因にさらされています。

>>メンタルヘルスについて

経営上のリスクとなる健康問題

従業員のこころとカラダの健康対策 (予防)& 万一の事故発生時の備え(保険) が肝要に

企業の社会的責任(CSR)の要請

昨今、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。最近では「企業の社会的責任(CSR)」という概念が導入され、顧客・株主・従業員といった企業と何らかの利害関係を持つ主体に対する企業の姿勢が問われています。

そのような中で、従業員にとって、健康で働き甲斐のある職場環境を維持し、充実した福利厚生制度を構築することが、企業価値向上のためにも不可欠です。

>>企業の社会的責任(CSR)の要請について
人事労務担当者様へ 長期就業障害の実態 メンタルヘルスについて 企業の社会的責任(CSR)の要請